幼児の生活史を検討してみますと

幼児が生まれてから何度言ったことでしょうね

大学に行く必要のない目標なら、大学に行く必要はないこれは今更言うことでもないだろう。高校ですら、私は人によっては行かなくても良いと思っている。中学生よりも基礎学力のない高校生を見ていると、高校にいる時間に疑問を感じざるを得ない。これが職業高校で、何らかの専門性の勉強や訓練をしている学校であるなら、それも無駄だとは思わないのだが。とにかく、義務教育機関については親が子どもの教育を受ける権利を守らなければならない。サマーキャンプそれは、子どもの権利だから、その行使は子どもの意志に任せるというのではない。子どもの意志に関わらず大人になったときに自立するのに必要最低限の学び、理解をする力を備えるように仕向けることが、親の義務として課せられているからだ。教育の義務と言うものは何とも分かりにくいものだが、子どもにとっても義務なのだと思って押しつければ良い。押しつけられても、それを当然だと思うように育てることや、押しつけられたその内容を楽しいものだと感じるように育てることは、親の腕の見せ所だろう。子どもが勉強が分からなくなるのは、決して学校の先生の技量の責任ではない。

それをする理由がよくわかっていないからコミュニケーションを見直すことで児童の
親しき仲にも礼儀ありの心得です。はっきりと気持ちよくお話しましょうはっきりと気持ちよく!これが一番です。子どもの口から自然と出て来るように、大人がしっかり導きましょう。朝は「おはようございます」。昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」。当たり前と思われるかもしれませんが、近所の人や顔見知りの人に会った時、果たしてできていますか。寝る時は「おやすみなさい」。

幼児に対する
幼児に対する

何か人にしてもらったり、物をいただいたら「ありがとうございます」。先にも書きましたが、相手の目を見て笑顔はありますか。目上の人に何か聞かれた時は「はい」「いいえ」「です」「ます」で答えられるように教えましょう。昔の日本は、言葉を覚えたらまず挨拶から教育していました。これも日々の親子の練習です。以前私が幼稚園、保育園を訪問した時に、こちらの「こんにちは」には、元気に「こんにちは!」。

幼児をはめ込もうとしたり
英語だと”あなたはどう思います、ミスター·フクダとなる。こうして、合の手、合の手に名前を呼び合っていれば覚えもする。それにしてもはじめにしっかり耳に入れておかないと、あとでくりかえすことができない。やはり、よく聞くのわれわれは人の話をあまりよく聞いていないことに会議などまるでほかのことを考えていることもあってそういうときに思いつきで発言すると、とんでもない見当外れになる。それがまたほかのうわの空氏を刺激して脱線的発言を誘発する。

会議は踊り話はまとまらなくなってしまう。相手の言っている言葉なんかあまり気にしていない。ふたりで話をしていても、この人の腹はどうなんだろ案外、ひどいことを考えているのかもしれない。調子のいいことを言ってはいるが、乗せられない用心がかんじんだ……などと頭を働かせる。だから、たえず誤解がおこる。言ったの、言わなかったのの騒ぎになる。