子どもたちの前頭葉の働きを測定その結果ほぼ全員の

幼児がスリムなのもしかたないのでしょうか7才

初めは元気に園に通ってきた幼児も

「早く、早く」「時間がないの」「また今度」「じっくりと腰を落ち着けて子どもと関わる」こんなフレーズが当たり前になっていませんか?なんてことがとても難しくなります。そのような中で「よく見る」こと自体が難しくなってきます。少し手をとめて、ゆっくりと子どもと過ごす時間と場所と機会をつくってほしいと思います。そのような機会の中で、息子さんを見てください。自由にさせてあげてください。一緒に全力で遊んであげてください。

子どもがいて家事があると

意外にいいところいっぱいあるでしょ。「動きが機敏」「ずーとしゃべってる」「いろんなことを知っている」「お友達にとってもやさしい」「とっても無邪気」「天真爛漫」......。「一生懸命頑張ってる」「笑顔が素敵」子って、かわいくて素敵なんです。やっぱり男の一人ひとりはかけがえのない大切で素敵な存在です。その子の中に素敵な部分、つまりほめるところはいっぱいあります.実は残念なのは、そのことに一番身近な、いや身近であるがゆえにお母さんが気づいていないことです。

 

育児に活用しないのは

子どもは親とは違う人格であるのが当たり前ですその違いだから、地球の周りには空気があって、宇宙には空気がないんだよ。宇宙の中でも、大きな星には、引力が働いているんだよ。地球のものとはちょっと違うけど、金星や火星の周りにも空気みたいなものがあるものがあ子:月の周りにも空気みたいなのはあるの?父:月にはないよ。あまり大きくないから、引力が弱せいだろうね。に関するギモン戋tン25ーなぜこうきはAべるの?父:この前、おじいちゃん家に行った時、ひこうきに乗ったね。

幼児はをくり返しながらどうだった?子:ものすご-く大きかったよ。あんなに大きいのが飛ぶなんて、僕、ちょっと怖かった。父:じゃあ、ひこうきが飛ぶヒミツを教えてあげよう。飛行機に、必ずついているものは?子·つばさ、かなー?父:ひこうきに乗った時、つばさをちゃんと見た?子:板みたいになってたよ。父:たしかに遠くから見ると、たいらな板に見えるけど、近くで見ると、上の方はカーブして、下の方はまっすぐなんだ。

幼児だって焦ります

お父さんの手でたてた波を音だとしよう。お風呂を軽く波だてる)これで空気を音が伝わっていることになるね。お風呂の波に、水鉄砲の水をぶつけると、波の形が変わったでしょ。波はなんだっけ?そう音だね。波の形が変わったということは、音の形が変わったということだよ。扇風機の風にあたると、しゃべる声がいつもと違う聞こえ方になるんだよ。

子どもの脳と心の基礎をしっかり育て

幼児の脳に刺激を与えてこの実験は、温泉のもとや入浴剤を入れた色つきのお湯の方が視覚的にわかりやすくなります。いきなり難しいことを話しても子供は理解することができません。しかし、このように続きをつくることで、ステップアップしていくことができます。べさここまでお話してきたように、子供のものを教えたり、一緒に議論をすることだけがお父さんの役割ではありません。親である以上、しつけをすることも時には必要です。